スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国土も守れず反日や左翼の妄想を聞いてやってしまっている日本国民へ特攻隊員がモノ申す

特攻兵器の生き残り(91)「今の日本のざまは何だ、死んだ奴が気の毒」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1344854907/l50
(異常者が大量に湧いているから閲覧注意)


1 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/08/13(月) 19:48:27.35 ID:al2IqoBG0● ?2BP(6000)
sssp://img.2ch.net/ico/u_nyu.gif
当時の若者が持っていた“諦観”を語るのは、人間特攻兵器「桜花」の生き残りである松林重雄さん(九一)だ。
“生還が期し難い特殊兵器”である桜花に志願して、厳しい訓練をおこなった一人だ。

「私は、進んで志願したんだよ。あの頃、戦争に負けるってのは、もうわかっていました。
われわれは、家族と、当時はまだ独身だから彼女とかね、そういうもののために我々がやればいくらかいいだろうと、
志願するんでね。天皇陛下と言う人もいるけど、それとは違っていたなあ。

あとは、卑怯者と言われたくないという気持ちもあったね。あの頃の男には、
やっぱり“男ならやらないかん”という思いがあったからね。そりゃ当時の教育ももちろんありますよ。
まあ、生まれた時が悪かった、と諦めていたこともあったと思う」
 
それこそが当時の若者の“諦観”ではなかっただろうか。

諦観とは、仏教用語で、人生の真相や仕組みを見抜くことを表わし、人生に対して確かな洞察力をもって生きることを意味する。
自分たちの短い人生に諦観をもって生きた大正世代は、「命」そのものに対する愛惜の情を持っていたのではないだろうか。

彼らが人生の最晩年を迎えて、今の日本に静かな怒りを抱いていることを私は大正世代の話を伺いながら思った。
松林さんもこう語った。「やっぱり怒りを覚えますよ。今のざまは何だ、とね。こんなはずじゃなかった。

死んだ奴が気の毒だと、どうしても思ってしまいます。私は生き残っちゃったからね、
死んだ奴に、本当に申し訳ない、と思います。でも、もう自分には何もできませんが……」
 
戦中戦後、“前進”をやめなかった大正世代。
自国の領土や国民の生命財産を守ることすら覚束ない国になりつつある今、
彼ら“他人のために生きた世代”の遺言に是非、耳を傾けて欲しいと思う。


http://www.news-postseven.com/archives/20120813_136226.html

続きを読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
プロフィール

店長

Author:店長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。